患者様一人一人にあわせて妥協のない一本をご提供します。
サイドメニュー背景上 サイドメニュー背景下 サイドメニュー背景上
ロゴ

〒163-0505
東京都新宿区西新宿1-26-2
新宿野村ビル5階

診療時間:月~土
     9:00~18:00
休診日 :日曜・祝

サイドメニュー背景下 サイドメニュー背景上 サイドメニュー背景下
背景上
サイドメニュー
ホワイトニング 院内技工士
歯科技工士・院内ラボについて

歯科技工士・院内ラボについて

歯科技工士

院内ラボは、歯科医院の中で、歯科技工士により人工の歯や、歯茎の部分などを、患者様一人一人にあわせて作成するための工房です。歯医者の中でも院内ラボを置き、歯科技工士を配置しているところは少なく、通常では外部へ委託しているところがほとんどです。当院が院内ラボを置いているのには、四見一体(患者様、歯科医師、衛生士、技工士)により、治療の質を高めていくねらいがあります。

図1 図2 治療中 偽歯 歯形
歯科技工士にご相談ください

当院の歯科技工士たちは1本の歯へのこだわりがあります。
差し歯1本の表情により印象が大きく変わることもあります。
時には、若々しく活動的に、また時には落ち着いた表情へと・・・。

色も、単純に白にするのではなく、ご本人の歯にもっとも合う白をご提案し、時には患者様とのご相談の中で、少し黄色味のあるものを選んでいただく場合もあります。

もちろん、見た目だけでなく機能性も重要視しており、ものを噛んだときに歯と歯の間に挟まらないように考慮する場合もあれば、清掃性を考慮し、あえて歯間ブラシがちょうど通りやすくする場合もあります。

いわゆる「仮歯」とは ~本当の役割
仮歯を最終的な歯が入るまでの、単なる「変に見えないためにつけるもの」と思ってらっしゃる方、また中にはそういった考えで「仮歯」を作成されている歯医者もいらっしゃいます。当院では「仮歯」を最終的な歯を作成する前のテスト用の歯という考えで色味やかたちをリアルに作成します。そのことにより、仮歯を試していただき、患者様のご意見を聞きながら、最終的な歯へ反映させることで、より完成度の高いものへと仕上げて参ります。
図3 写真(上):歯を口の中に装着した状態で患者様のご希望に合わせて色の微調整を行います。

写真(下):直接患者様一人一人の歯の色・形・特徴を記録する写真を撮らせていただいた後、似た色を照らし合わせて記録します。下の歯は、歯の色見本となるシェードガイドです。


当院での患者様への
アフターサービスについて

靴で有名なブランドのフィレンツェ本店の博物館で展示されている、女優などの足の木型をご存じでしょうか?当院でも、お客様一人一人の歯形を、万が一の時に迅速な対応ができるよう、大切に保管しております。通常使い回しされているモデル用のインプラント体も、それぞれの患者様ごとにそのまま保存しております。

サイドメニュー
ホワイトニング 院内技工士
歯科技工士・院内ラボについて

歯科技工士・院内ラボについて

歯科技工士

院内ラボは、歯科医院の中で、歯科技工士により人工の歯や、歯茎の部分などを、患者様一人一人にあわせて作成するための工房です。歯医者の中でも院内ラボを置き、歯科技工士を配置しているところは少なく、通常では外部へ委託しているところがほとんどです。当院が院内ラボを置いているのには、四見一体(患者様、歯科医師、衛生士、技工士)により、治療の質を高めていくねらいがあります。

図1

歯科技工士にご相談ください

当院の歯科技工士たちは1本の歯へのこだわりがあります。 差し歯1本の表情により印象が大きく変わることもあります。 時には、若々しく活動的に、また時には落ち着いた表情へと・・・。

図2


色も、単純に白にするのではなく、ご本人の歯にもっとも合う白をご提案し、時には患者様とのご相談の中で、少し黄色味のあるものを選んでいただく場合もあります。

治療中


もちろん、見た目だけでなく機能性も重要視しており、ものを噛んだときに歯と歯の間に挟まらないように考慮する場合もあれば、清掃性を考慮し、あえて歯間ブラシがちょうど通りやすくする場合もあります。


いわゆる「仮歯」とは~本当の役割~

仮歯を最終的な歯が入るまでの、単なる「変に見えないためにつけるもの」と思ってらっしゃる方、また中にはそういった考えで「仮歯」を作成されている歯医者もいらっしゃいます。当院では「仮歯」を最終的な歯を作成する前のテスト用の歯という考えで色味やかたちをリアルに作成します。そのことにより、仮歯を試していただき、患者様のご意見を聞きながら、最終的な歯へ反映させることで、より完成度の高いものへと仕上げて参ります。
図3 写真(上):歯を口の中に装着した状態で患者様のご希望に合わせて色の微調整を行います。

写真(下):直接患者様一人一人の歯の色・形・特徴を記録する写真を撮らせていただいた後、似た色を照らし合わせて記録します。下の歯は、歯の色見本となるシェードガイドです。



当院での患者様への
アフターサービスについて

靴で有名なブランドのフィレンツェ本店の博物館で展示されている、女優などの足の木型をご存じでしょうか?当院でも、お客様一人一人の歯形を、万が一の時に迅速な対応ができるよう、大切に保管しております。通常使い回しされているモデル用のインプラント体も、それぞれの患者様ごとにそのまま保存しております。

偽歯

歯形

歯科医師

<出版系>
2010/6
GCサークル
患者さんの満足を目指した審美補綴のアプローチ~「グラディア フォルテ/ガム」「ナノコートカラー」による「最小で最大の効果」を得る内部ステインテクニック~
2010/4.5.6
月刊 歯科技工

NATを応用したスクリュー固定式インプラント上部構造の製作
2010/3.4.5
月刊 歯科技工

天然歯(根)~インプラント混在歯列の症例における咬合調整減を目指した模型調整法
2009/1
月刊 歯科技工

基礎からはじめる内部ステインテクニック 連載開始(現在も継続中)
2008/9
日本顎咬合学会学会誌

フェイザー溶接を活用した高精度のインプラント上部構造の製作
2008/9
月刊 歯科技工

内部ステインテクニックを用いた天然歯再現の実際~歯根付きポーセレン製作と天然歯の模倣を通じた臨床向上トレーニング~
2007/3
QDT Masterpriece

メインテナビリティを考えたインプラント上部構造の製作
2006/4.5
QDT

単独歯欠損前歯インプラント補綴-Procera セラミックアバットメントを使用した簡便な上部構造の製作
前編<ベーシック編>4月号
後編<アドバンス編>5月号
2005/6
QDT クインテッセンス  MASTER PEACE on the MODEL -技工を極める-

30代前半アジア人(中国人)をモデルとし、27本の歯根付きポーセレンと左上1のインプラント・14種の22個の骨、舌を製作の報告
2004/12
日本歯科評論 ヒョーロン

インプラント補綴に必要な画像診断と模型診断(2)
臼歯部遊離端欠損症例
2004/3
QDT クインテッセンス  PRACTICE PEACE -様々なアプローチによる中切歯の補綴-

中切歯1本の形態的・色調的に高いシンメトリー性(視覚的に)が要求された難易度の高い症例の報告
2003/5.6
QDT クインテッセンス  Face To Nature -自然との対峙-

(前半)内部ステインテクニックによるサンプル製作を応用したインプラント 単独歯欠損症例
(後半)サンプル製作を応用したメインテナンス 重視インプラントフルマウス上部構造
(前半)臨床に基づいたトレーニング法とサンプル製作を応用した臨床について、インプラント1本の補綴についての報告
(後半)複数歯インプラント補綴の製作時のコンセプト、製作方法の紹介
2003
月刊歯科技工別冊 医歯薬出版 「前歯部ブリッジにおける審美の回復」

どのような材料、システムを採用するにしてもワックスを使用した最初の形作りが、審美の回復にとても重要である
2003
Dental DAIAMOND デンタルダイアモンド社「インプラントを成功に導くために」

インプラント補綴を成功に導くために、遊離端欠損症例におけるリマウントの重要性と審美領域におけるインプラント補綴の難易度とポンティックの応用報告
<学会系>
2012/6
日本顎咬合学会

■「内部ステインテクニックによるインプラント上部構造の色調再現」
■「調整量の少ない補綴物を目指した技工術式について」
■「審美性と清掃性を両立する上顎フルマウスインプラント上部構造の症例報告~第二報歯科技工士としてのアプローチ~」
■「新しいメタルフレーム形態がインプラント補綴物の強さに及ぼす影響」
2011/6
日本顎咬合学会

■「フルマウスインプラント上部構造の製作法
~倣い加工(Zirkonzahn)か?CAD/CAM(ISUS+e.max)か?」
■「フルマウスインプラントのプロビジョナルレストレーションの製作法」
2010/6
日本顎咬合学会

■破折防止を考慮した進化型インプラントフレームにおけるインターナル ライブ(内部)ステインテクニックを用いた色調再現
■インプラント遊離端補綴マウント時における模型調整法
■レジン前装冠における内部ステインテクニックによる色調再現
2009/6
日本顎咬合学会

■インプラントのプロビジョナルレストレーションの製作法
■天然歯・インプラントの混在歯列での模型調整法
2008/6
日本顎咬合学会

■生物力学的ワックスアップ法を活用したインプラント補綴~審美・機能・メインテナビリティの達成を試みた上顎フルマウス症例において~
■インプラント治療における三位一体のメインテナンス~ラボサイドからの報告~
2007/6
日本顎咬合学会

■上下顎フルマウス インプラント補綴へのアプローチ~技工士による患者とのコミュニケーションの提案~
■内部ステインテクニックによる色調再現とその可能性」
■フェイザー溶接を活用した高精度のインプラント上部構造の製作
2006/10
QDTシンポジウム登壇

Ceramics Complex さまざまなインプラント補綴へのアプローチ
2005/6
日本顎咬合学会

前歯インプラント補綴~プロセラセラミックアバットメントを使用した簡便な上部構造の製作~
セラミックアバットメントに直接陶材を焼き付けた、スクリューリテイニングによる上部構造のより簡便な上部構造の製作法を紹介
咬合崩壊にインプラントを用いて咬合再構成を計った症例
インプラントを用いて咬合再構成を計る為に、プロビジョナルレストレーション上にフラットテーブルを作り、上顎プロビジョナルレストレーションの機能咬頭を接触させ、機能時のゴシックアーチのアペックスを描記させて、下顎位の決定を計った症例の報告発表
2004/6
日本顎咬合学会

■生物力学的ワックスアップ法を活用した上顎インプラントフルマウス補綴
生物力学的ワックスアップ法を活用することによりいくつかの問題も軽減し、インプラントフルマウス症例においてメインテナンスを最優先に考慮したスクリューリテイニングを採用したインプラント補綴についての発表

■生物力学的ワックスアップ法を応用した欠損補綴
スクリューリテイニングの上部構造に生物力学的ワックスアップ法を用いることにより、アクセスホールが咬合面に存在しても比較的容易に咬合面を形成できるワックスアップ法についての発表
2003/6
日本顎咬合学会 Face To Nature-自然との対峙-

~内部ステインテクニックを用いたサンプル製作を応用した」インプラント補綴~
インプラント補綴を成功へ導く為のアプローチとして常日頃行っている天然歯の模倣とは内部ステインテクニックを用いた歯根付ポーセレンの製作についての発表
2000
愛知県」歯科技工士会学術大会」「テクニカルコンテスト」特別賞受賞
中年男性をモチーフとした頭蓋骨模型(即時重合レジンを用いて)製作。
上下歯列28本の歯根付きポーセレンを製作した。


より詳しく歯科技工士について知りたい方へ→ 当院の歯科技工士渡邉一史のブログ


疑問などご不明な点がございましたら、窓口までお気軽にお尋ねください。

背景下