歯周病治療│新宿でインプラント・予防歯科・補綴の歯医者なら、河津歯科医院

西新宿駅から徒歩4分/新宿駅から徒歩6分

歯周病治療

歯周病治療perio

歯周病とは

歯の周囲の組織が、細菌によって炎症を起こす病気を、歯周病といいます。かつては歯槽膿漏ともよばれていました。口の中には数百種類の細菌が存在しています。口内環境が保たれている場合は問題ありませんが、歯磨きが不十分だったり糖分を過剰に摂取したりなどすると、細菌は磨き残しをエサにネバネバとした物質を作って歯の表面にへばりつきます。
これが歯垢(プラーク)とよばれるものです。粘着性が非常に高いので、こうなってしまうとうがいをしたくらいでは、簡単に取り除けません。
そればかりか歯垢は細菌にとって居心地のよい場所なので、増殖して毒素を出し、歯肉に炎症を引き起こします。自然に治ることはないので、放置すれば炎症は歯を支える骨にまで広がり、歯がグラついて、しまいには抜け落ちてしまします。
歯周病は歯を失うことにもなる、とても恐ろしい病気なのです。

歯周病と全身疾患への関わり

歯周病の影響は、口の中だけに留まりません。実は全身の疾患に関わりがあることがわかっています。
たとえば糖尿病。糖尿病患者の方は、歯周病になりやすい傾向があります。逆に歯周病の治療をすると、血糖値も落ち着くという報告もあることから、相関関係がうかがえます。
高齢になると、食べ物を飲み込む嚥下機能の低下で誤嚥性肺炎を起こしやすくなることが知られていますが、この発症にも唾液中の歯周病菌が原因となっているといわれています。
また早期低体重児の出産にも、歯周病の炎症性物質が胎児に影響していると考えられています。妊娠中は歯周病が悪化しやすい傾向があるので、口内を清潔に保つことが大切です。

歯周病の進行

歯肉炎

歯肉炎

歯肉炎は歯周病の始まりです。歯磨きをすると歯肉から出血する、歯肉がぶよぶよとしていて張りがない。こうした状態になると歯肉に歯垢が溜まりやすく、炎症が起きやすくなります。痛みなどの自覚症状はないことがほとんどです。

軽度歯周炎

軽度歯周炎

歯垢が固まってできた歯石が歯肉溝に溜まり、炎症によって歯肉が下がって、歯周ポケットができてしまいます。軽度歯周炎になると、食事や歯磨きの際に痛みを感じることがあります。これを改善するには歯石除去が必要です。

中等度歯周炎

中等度歯周炎

歯槽骨まで炎症が広がり、歯肉が腫れてしまいます。硬いものを噛みにくい、痛みを感じる、口臭がするといった症状が出ます。歯石を除去するとともに、歯周組織の再生療法を行ないます。

重度歯周炎

重度歯周炎

炎症によって歯槽骨が吸収されて、歯が揺らいだり抜け落ちてしまったりします。腫れた歯肉から膿が出て、痛みを感じる状態です。隣接する歯を保護するため、治療の一環で抜歯を行なうこともあります。

歯周病の検査方法

プロービング検査

プロービング検査

プローブという目盛りのついた針状の金属製の器具で、歯と歯肉の間の歯肉溝の深さを計測する、歯周病の基本的な検査です。歯周病が進行していればいるほど歯肉溝は深くなるので、歯肉のふちから歯との隙間の底まで、距離を測って重症度を判断します。プローブはそっと差し込み強く押すことはないため、検査で痛みを感じることはほとんどありませんが、すでに炎症を起こしている場合には出血をすることがあります。
一般に「歯周ポケット」とよばれるほど深々とプローブが入る状態は、歯周病が進行したことを示す、とても深刻な事態を表しています。

レントゲン検査

レントゲン検査

歯周病の症状が進行すると、歯を支える歯槽骨まで炎症がおよび、骨が溶けてきます。この状態を確認するために行なうのが、レントゲン検査です。

動揺度の検査・咬み合わせの検査

動揺度の検査・咬み合わせの検査

歯は健康な状態でも力をかけると少し動くものですが、歯周病が進行していると、歯を支える骨が溶けるので、グラグラと大きく揺れ動きます。このグラつき具合の動揺度を検査して、重症度を診断します。
また歯周病のせいで、歯が移動して咬み合わせが悪くなる、逆に悪い咬み合わせが原因で歯周病になるなど、歯周病と咬み合わせには相関関係があることから、このチェックも行ないます。

歯周病の治療方法

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリングとルートプレーニングは、ともに歯石除去の方法です。
スケーリングでは、スケーラーという器具を使用して、歯の表面の歯石や歯垢を除去していきます。スケーラーには形状などの違う多くの種類があり、状況によって使い分けます。
ルートプレーニングは、歯肉の内部・歯周ポケットに入り込んだ歯石や歯根表面の歯周病菌に汚染されたセメント質を除去するもので、歯の根(ルート)を滑らか(プレーン)にする処置です。この処置により歯垢がつきにくくなる効果もあります。

歯周外科手術(フラップ手術)

歯周外科手術(フラップ手術)

歯周病が中程度まで進行し、歯周ポケットが6mm程度と深くなってしまった場合には、奥に溜まった歯石を取り除くことが難しくなります。歯周外科手術では、麻酔をして歯肉を切開し、奥の歯石を見える状態にしてから除去します。歯根を清掃できたら、歯肉を縫合します。

エムドゲイン法・GTR法

エムドゲイン法・GTR法

重度の歯周病で溶けてしまった骨など、歯周組織を再生させるには外科手術を行ないます。この再生療法には、エムドゲイン法とGTR法があります。どちらの方法も、まず治療する部分の歯肉を切開して剥離し、露出させた歯根表面の清掃を行ないます。
エムドゲイン法では、そこからエムドゲインゲルというタンパク質の一種を歯根の表面に塗って、歯が生えてくるときに似た環境をつくり、歯周組織の再生を促します。エムドゲインゲルは、世界の約40ヶ国以上で使用される安全性の高いもので、日本でも2002年に厚生労働省の認可を受けています。
GTR法(歯周組織誘導法)では、メンブレンという人工膜を設置し、歯肉が入り込んでくるのを防ぎながら、膜の下で失われた歯槽骨などの歯周組織の再生を促します。
これらの治療によって失われた歯周組織を再生できると、歯垢や歯石が溜まりにくい状態を維持しやすくなり、歯周病の進行や再発のリスクが減ります。歯周病によって下がってしまった歯肉も、顎骨の再生で再び盛り上がるといった審美面での効果も得られます。

歯周病の予防方法

歯磨き指導

歯磨き指導

日々の歯磨きではどんなに丁寧なブラッシングを心がけても、完全に口内をきれいにすることは難しいものです。
当院での歯磨き指導は、歯ブラシの正しい持ち方や力加減、デンタルフロス・歯間ブラシの使い方といったガイダンスと、患者さまそれぞれの歯列の形状に応じて、磨きにくい箇所とそれに対する正しい磨き方をお伝えしていきます。患者さまご自身のブラッシングの良い点と改善点を把握できるように、丁寧にご指導させていただきます。

定期健診

定期健診

歯磨きで磨き残してしまった歯垢は、唾液中のミネラルと結合して、たった2日で歯石となります。歯石になるとブラッシングで除去することは不可能です。歯石は細菌の温床となり、歯周病へとつながる危険性があります。
毎日の歯磨きでどうしても落としきれない歯垢や歯石は、定期的なクリーニングで除去しましょう。定期検診を受けていただければ、蓄積してしまった歯の汚れが歯周病などにつながる前に対処することができます。当院では3ヵ月に1度を目安に、受診をおすすめしています。

ご予約・お問い合わせCONTACT

03-3346-2258

お知らせ 診療カレンダー PAGE TOP
facebook instagram